新銀行東京の特別金利キャンペーン

新銀行東京では、銀行の経営改善のために個人顧客の獲得を懸命に行っています。個人顧客の獲得を行うとすれば、定期預金の金利をキャンペーンによってアップさせ、多くの預貯金を得られるようにすることが基本となっていますが、新銀行東京でも特別金利キャンペーンを行っています。

平成26年2月20日現在、スーパー定期預金として1年金利0.30%のキャンペーン金利を適応しています。3年になると年利0.32%、5年になると年利0.35%にまで金利がアップされるこのキャンペーン、100円以上1円単位で預け入れできることから、わずかな余裕資産を貯金して有効に活用できる定期預金となっています。同条件で最も金利のいい定期預金は、山口県に本社を置く西京銀行が行っているキャンペーン定期預金の金利、年利0.50%となっています。西京銀行の金利と比べてみても、新銀行東京が案外健闘しているのがよくわかります。

また、新銀行東京では紹介制度による新規顧客の獲得も合わせて狙っています。新銀行東京と取引のない友人を紹介し、その友人が新規に総合口座を設け、さらにスーパー定期特別金利キャンペーンに参加し、1,000万円以上預け入れた場合、紹介者にJCBギフトカード3000円分がもらえるキャンペーンを行っています。

これからも、新銀行東京では新規顧客の獲得に照準を合わせたキャンペーンを展開するものと思われますので、今後も動向から目が離せません。